no title

吉田美奈子のDVDを買ってから、新たに土方隆之というギタリストを知り、また、ギター熱にうなされる?、日々を過ごしている。
プロはまず、バッキングにしろソロにしろ、リズムがいい。
鹿児島時代の日高師匠も、まずは絶対、リズムだと。
最近はクリックを使わない練習というものをしなくなった。
とはいえまだまだ苦手なテンポが存在するが、絶対克服してやろうと思う。
最近公園でよくギターを弾いている。曲作りには向かない場所だと思うが(昼間、公園でジョギングしている人を見ると余計に無機質になるのはなぜだろう。)、リズム練習には最適。
がっつり集中する。
来月から海と公園の近くに住むので、外でギターを弾く機会を増やしたい。

クリック練習をしていると、アルペジオからカッティングに移ると自分のテンポ感が変わるのが分かったりなど分析できるので、何を練習すべきかが分かる。

そんな合間にワールドカップのことを色々調べたり、映画を観たりと、30過ぎてから無駄な時間を過ごさぬようにしているサチコです。

吉田美奈子に戻る。
吉田美奈子も素晴らしいがバックが非常に素晴らしい。
全員が全員の音をよく聴いているのが分かる。
そしてとことん光る各プレイヤーのセンス!
ノルウェイの森の蛍を放すシーン、あの綴りを読んでため息をつく感覚のよう。

あぁ、ポンタ、泣かせるよ、なんだそのセンスは!!!
歌か??と思うほど、歌う。

『歌詞を読まないと叩かねえんだよ』

今年もポンタのドラムを聴きながら、その言葉を思い出していた。

実力、表現力を共に兼ね備えたプレイヤーになるために、熱くなったり冷静になったりしながら頑張るぞ。
そうだ!頑張れよ自分!
弾かずに寝るなよ!










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

リズム感、一番大事だし音楽を奏でる上で最も当たり前にできなきゃいけないことやね(^-^)/

でも一番難しいよね

一人でできても、バンドになると、メンバーそれぞれが独自のタイム感を持ってて惑わされることもあるけど、みんなが基礎をしっかり継続して体に植え付けて、一人では出せない、クリックとは違うグルーヴが出せたらいいね!

声は最高の楽器だと、いつもボーカルに嫉妬してるけど、楽器も歌えるんだよね!

そんなメンバーがさえずり合うような音が出せるようになりたいな('-^*)/

そう、歌うために息をしなくちゃだね!
アドリブもそうだけど、予め決まったフレーズを弾くときも呼吸するだけで全然違うはずだから、意識して演奏しようと思う!

今夜も頑張るぞ!