2015年11月の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/29

グランプリシリーズ日本大会(NHK杯)、終わりましたね!

ショートプログラムに続きフリーでも圧っっ巻の演技を見せてくれた羽生選手!!!
ショート 106.33
フリー 216.07
どちらも世界最高得点‼
もちろん合計322.40も世界最高!!!
300点超えは初!!!

なんてすごいことを成し遂げたんだろう。
生きてるうちにこんなすごい演技を見ることが出来て、私はなんて幸せなんだろう。
彼がインタビューで、テレビの視聴者にもありがとうございましたと言ったとき、何を言いますか、ありがとうございましたはこちらのセリフですと、正座し、頭を下げましたよ。。。

まだまだ興奮冷めやらぬといった今朝、もう3度程、夢じゃなかったのか録画を確かめました(*´ω`*)
あぁー、現実だーーー!!!

スピンは軸が真っ直ぐで指先まで美しい。
フリー後半のキャメルスピンで、初めは開いてた手をグーにするとことか、好きだなぁ。

そしてなんと言ってもジャンプ。
ショートプログラムでは構成を変えましたね。
中国のボウヤンジン選手が4ルッツを軽々と飛び、他の選手もショートから2つの4回転ジャンプを入れてくる時代、羽生選手の判断は的確だったと思います。
彼はオリンピックを見据えて今のうちに難しいプログラムを滑るべきだとのことでした。クレバーに勝つことだけを考えるのではなく、先を見据えての難しい挑戦。
そういうとこ、心底大好きで尊敬してます( ´_ゝ`)

ショートではサルコー1回、トゥループ1回、フリーではサルコー1回、トゥループ2回、合計5回の4回転ジャンプを華麗に決め、しかもフリーでは後半に3アクセルからのコンビネーションを2回!
はいぃ!?なんじゃこりゃ!!
と言ってしまいそうな難しいプログラム。。。
それを今回のNHK杯では全て加点がもらえるレベルで飛んで、得点もぶっ飛んでしまいました。
下に、NHK杯でのフリーのジャンプ構成を書きます。

4サルコー
4トゥループ
3フリップ
4トゥループ+3トゥループ
3アクセル+2トゥループ
3アクセル+1ループ+3サルコー
3ループ
3ルッツ

難しい入り方をするジャンプが多く、しかもレベルが高かったですね。
鈴木明子さんも言ってましたが、ジャンプがプログラムに、音楽に、自然に溶け込んでる感じ。
ステップも安倍晴明が降りてきたような迫力の空気感。
羽生選手は毎年うまくなってくんだなぁと、改めて思いました。
自信が溢れて、ほんとにかっこいい。

ハイレベルな自分を超えていくことは大変だと思いますが、今回の演技に感謝すると共に、今後も精一杯応援していこうと思います。
スポンサーサイト
トップへ | 

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。